読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不動産投資って何?不労所得を本気で狙える不動産投資のメリット・デメリット

 

不動産投資って何?

不動産投資って知っていますか?

 

漠然と家を購入して、そこに賃貸のお客さんが 入居したらお金が入る。


きっと皆さんこんなイメージなのではないでしょうか。 そのイメージ、正しいです。笑

 

仕組み自体は非常にシンプルなのですが、 それを実際にするとなると難しいというのが 不動産投資だと思います。

 

今回の記事ではさらに不動産投資とは どんなものなのかを噛み砕いて ご説明していきます。

収入の形には2通りある

不動産の収入には 2通りのパターンがあります。  

 

インカムゲイン方式

インカムゲイン方式は 不動産を借主に賃貸して 家賃収入で利益を得る方式のことです。 良く聞く『不労所得』と呼ばれる形ですね。

 

  キャピタルゲイン方式

キャピタルゲイン方式とは 投資用の不動産を価格が低い時に購入し 景気や需要の変動 によりその価値が 上昇した際に、売却することによって 利益を得る方式のことを言います。

 

インカムゲインは継続的な収入で キャピタルゲインは単発的収入という感じです。

 

どちらがいいというのはありませんが 今の日本で主流なのはインカムゲインです。

不動産投資のメリット

 1.不労所得が得られる

あなたが病気や怪我、家族の介護等で 働けなくなった場合にも関係なく 毎月通帳に家賃が振り込まれます。

 

不労所得には株式投資や為替投資など 利益を上げる方法は他にもありますが そういったもので利益を上げるには 日々経済ニュースに目を 光らせておかなくてはいけません。

 

しかし、不動産投資の場合物件を 購入すれば何もする必要がないのです。  

 

2.老後年金の代わりになる

不動産投資で得る家賃収入は老後の 私的年金として活用することが可能です。 高齢になれば現役時代とは異なり 体力が衰え働くことが難しくなります。

そのため将来不足する公的年金は 働かなくても得ることのできる 不動産収入は最適です。  

 

3.少額の資金で始めることができる

投資用物件を購入するだけの 現金が手元になくてもローンを 利用してスタートすることができます。

 

不動産は他の商品とは異なり 投資商品が高額になります。

 

しかし投資ローンの活用で 少額の資金から大きな投資を 実践することが可能なのです。

 

これは投資対象自体に 安定した資産価値がる 不動産投資ならではの特徴です。

 

  4.生命保険の代わりになる

投資用ローンには、住宅ローン同様に 団体信用生命保険が適用されます。

 

この保険はあなたに万が一のことが 起こった際に残債額を残さず、 物件のみを相続することができます。

 

一般の生命保険の場合一定額の支払いを することで万が一の際に備えますが 不動産投資の場合には 家賃収入を得ながら万が一に 備えることができます。

 

5.インフレ対策になる

不動産の価格や家賃は物価の上昇とともに 運動するのでインフレ対策にもなります。 現在日銀が物価上昇率2%を 目標に金融緩和を続けています。

 

もしこれが達成する場合には、 銀行に貯金しているだけのお金は 2%目減りすることになります。

 

しかし不動産は実態のあり 実質資産なのでインフレになって お金の価値が下がったとしても 物件の価値は下がりません。

 

そのためインフレに対応することができます。

 

  6.相続税対策に有効活用できる

現金をそのまま保有するのではなく、 その現金で不動産投資を始めた場合には 相続税評価額を大きく圧縮でき 相続税を節税することができます。

 

不動産投資の場合には 土地と建物はそのままの時価では 評価されないので割り引いて 評価額が計算されます。

 

例えば1億円のマンションを購入したとしても 評価額は8千万になったりするので その分相続税は安くなります。

 

  7.計画的に資産を作ることができる

株式投資やFX取引などと違って 売買によって利益を作る必要はなく 何もしなくても入居者がいれば 利益が入ってきます。

 

毎月の収入が予想しやすいので 資産形成のための計画も作りやすく 着実に資産を拡大していくことができます。

不動産投資のデメリット

 ここまで不動産投資のメリットを ご紹介してきましたがもちろん デメリットの部分もあります。

 

どんなビジネスでもそうですが、 メリット、デメリットを天秤にかけて それでも利益の方が大きいと思ったら 始めるべきだと思います。

 

もし不動産投資に興味があるのなら しっかりとマイナス面も調べましょう。

 

1.空室リスク

空室の場合には 当然ですが賃借人から賃料が入りません。

 

単純に空室になっている期間が 長ければその分収入が落ちてしまいます。

 

大切なのはいかに100%に 満室状態を作るかを考えるよりも いかに空室になった時に 早く埋めることができるかです。

 

空室を作らないためには,建物の立地やその内装設備など 物件自体の魅力を 見極めた上で選ぶ必要があります。

 

物件を選ぶ時には次の5つに 注目してみてみましょう。

1.立地
2.将来性
3.設備状況
4.グレード
5.耐用年数

 

2.経験リスク

中・長期間に渡って賃貸不動産を 経営することで、経年による 劣化・摩擦・損耗が起こります。

 

なので比較的築浅の物件を選んだり 築年数が古ければ修繕や リフォームに力を入れましょう。

 

購入前のしっかりとした計画が 不動産収入の始まりです。  

 

3.流動性リスク

流動性とは一言で言うと、 売買のしやすさ、売買量のことを指します。

 

流動性のリスクとは 売買量が低下することにより、 売りたくても売れない 売れても金額が安くなってしまうことです。

 

4.家賃下落リスク

建物の老朽化や他の競合の台頭により 地域相場の変化により賃料が下落 してしまうリスクのことです。

 

これは経営初期に 回避・軽減することができます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

不動産投資には メリットもたくさんあれば それと同じくらいデメリット の部分もあります。

 

そういったところも引っくるめて うまく活用していくことができれば 夢の不労所得も狙えますね。

 

では最後までお読みいただき ありがとうございました。